利用規約

添削サービス契約約款

本添削サービス契約約款(以下、「本契約約款」という。)は、GMOクリエイターズネットワーク株式会社(以下、「当社」という。)が提供する添削サービスの利用を目的とする契約(以下、「添削サービス利用契約」という。)の内容やその申込方法等について定めるものです。添削サービス利用契約の申込及び利用に際しては、必ず本契約約款の内容を確認してください。

第1章 本契約約款の目的

第1条(本契約約款の目的)
本契約約款は、添削サービス利用契約の内容及びその申込方法等について定めています。

第2章 添削サービス利用契約の成立

第2条(申込の方法)
  • 1.添削サービス利用契約の申込は、当社の添削サービスに関するウェブサイト上の申込フォームのすべての項目を漏れなく入力したうえ、画面に表示される手順に従って、申込みに必要な情報を送信することにより、これを行ってください。
  • 2.添削サービス利用契約の申込に際しては、添削サービス利用契約の種類(以下、「サービスプラン」という。)について、前項のウェブサイトから希望するものを必ず選択してください。
  • 3.添削サービス利用契約の申込に際しては、本契約約款のすべての内容を確認してください。当社は、第1項に定める申込の送信操作を行った方については、本契約約款の内容の全部につき承諾したものとみなすことができるものとします。
第3条(添削サービス利用契約の成立要件)
添削サービス利用契約は、次の各号に掲げるすべての事由が満たされることを要件として成立するものとします。
  • (1) 前条第1項に定める申込の情報が当社に到達すること。
  • (2) 添削サービス利用契約の申込者が、第20条に定める料金の全部を当社に支払うこと。
  • (3) 当社がお客さまに対して承諾の意思表示を行うこと。
第4条(添削サービス利用契約の成立時期)
添削サービス利用契約は、法律に別段の定めがある場合を除き、前条各号に定める要件がすべて具備され、かつ、当社がお客さまに対して前条3号に定める承諾の通知を発信した時に成立するものとします。
第5条(承諾を行わない場合)
  • 1.当社は、次の各号に掲げるいずれかの事由があるときは、添削サービス利用契約の申込を承諾しないことがあります。
    • (1) お客さまが本契約約款に違反して添削サービスを利用することが明らかに予想される場合。
    • (2) お客さまが当社に対して負担する何らかの債務の履行について現に遅滞が生じている場合又は過去において遅滞の生じたことがある場合。
    • (3) お客さまが、添削サービス利用契約の申込に際して当社に対し虚偽の事実を申告した場合。
    • (4) お客さまが申込の際に未成年者、成年被後見人、被保佐人又は被補助人であって、自らの行為によって確定的に添削サービス利用契約を締結する行為能力を欠き、法定代理人その他の同意権者の同意又は追認がない場合。
    • (5) お客さまが反社会的な団体である場合、又はお客さまが反社会的な団体と何らかの関係があると認められる場合。
    • (6) 訴訟等に関連する書類、行政庁への申請等に関する書類、外国語によって作成された文章など、お客様が申し込みを行った文章が添削サービスの利用に適しないと認められる場合、法令等により添削が禁止されている場合その他当社が不適当と認める場合。
    • (7) 前各号に定める場合のほか、当社が業務を行ううえで支障がある場合又は支障の生じる恐れがある場合。
  • 2.当社は、承諾を行わない場合、その理由および承諾をしない旨をお客さまに通知する義務を負わないものとします。

第3章 添削サービス

第6条(添削サービス)
  • 1.本契約約款において、「添削サービス」とは、当社が、お客さまから依頼を受けた文章を添削し、その添削内容を記載したデータをお客さまに提供することを内容とするサービスをいいます。
  • 2.本契約約款において、「添削データ」とは、当社がお客さまのために添削し、お客さまに提供するデータをいうものを指します。
  • 3.当社は、第1項にもとづいて定める添削サービスの内容を予告なく変更する場合があります。当社は、このことによりお客さまに生じた損害について、一切の責任を負いません。
第7条(添削が完了する時期)
  • 1.当社は、添削サービス利用契約に基づく添削に関して、添削サービス利用契約の成立後、すみやかに、添削が完了することが見込まれる時期をあらかじめお客さまに知らせます。
  • 2.当社は、前項により当社がお客さまに知らせた時期までに添削が完了しないことによってお客さまに生じた損害について、一切の責任を負いません。
第8条(添削データの引渡)

当社は、添削データを当社が別途定める方法でお客さま又はお客さまの指定する者に対し引き渡すものとします。

第9条(添削データの検収責任)
  • 1.お客さまは、添削データの引渡しを受けたときは、直ちに添削データの受け入れ検査を行うものとします。
  • 2.お客様は、前項の検査の結果、合格であった場合はその旨を、不合格であった場合は、不合格の理由等を直ちに書面または電子メールにて当社に通知するものとします。
  • 3.お客さまが添削データの引渡しを受けた後、3営業日以内に第2項の不合格の通知が当社に到達しなかったときは、当社は、添削データが受け入れ検査に合格したものとみなします。
  • 4.添削データの検査合格をもって、添削データの引渡し完了とします。
第10条(データのバックアップ)
  • 1.当社は、別に定める場合を除くほかは、お客様の添削サービス利用申込みにあたって当社に提供した文章及びそのデータ並びに添削データ(以下、これらを総称して、「データ」といいます。)について、添削データの引渡し前後と問わず、その滅失又は損傷等について何ら責任を負いません。
  • 2.当社は、添削データの引渡し完了後に、添削データが何らかの事由により滅失又は損傷等した場合において、これを復元するサービスを提供しません。
  • 3.お客様は、第1項に定めるデータについて、自らの費用と負担において、バックアップ等を作成するものとします。
第11条(経路等の障害)
当社は、添削サービスをお客さまに提供するために当社が利用する電気通信設備その他の設備の故障等により、お客さまが添削サービスを利用することができなくなった場合であっても、これによりお客さまに生じた損害について、一切の責任を負いません。
第12条(契約上の地位の処分の禁止等)
  • 1. お客さまは、添削サービス利用契約に基づくお客さまの地位及び添削サービス利用契約に基づくお客さまの権利及び義務を第三者に譲渡、承継、転貸し、又は担保に供するほか、一切処分することができません。
第13条(営業秘密等の漏洩等の禁止)
  • 1.お客さまは、当社の技術上及び営業上の情報、個人情報(当社の顧客に関する情報を含む。)、その他添削サービスの利用に関して知り得た当社の情報(以下、本条において「秘密情報」という。)の存在若しくは内容を第三者に漏洩、開示、又は提供せず、又は、添削サービス利用の目的以外に使用してはならないものとします。
  • 2.前項の規定は、添削サービス利用契約の終了後も、これを適用するものとします。
  • 3.お客さまは、添削サービス利用契約が終了したときは、秘密情報を、当社に返還し、又は、完全に消去しなければなりません。
第14条(通知)
当社は、添削サービスの提供に必要な事項を確認するため又はその他の必要があるときなどは、電子メール、郵便又はファックス等でお客さまに対して一定の事項について問い合わせ、通知を行うことがあります。お客さまは、自己の費用と責任において、これらの通知、問い合わせの内容を確認し、必要な措置をとるものとし、これを怠った(次条に定める変更の届出行わず、通知等が不達となった場合を含む)ことにより、お客さま又は第三者に生じた損害について、当社は責任を負わないものとします。
第15条(変更の届出)
  • 1.お客さまが添削サービス利用に関して、当社の届け出た事項について変更しようとするときは、その旨及び変更の内容を速やかに当社に届け出るものとします。本変更の届出は、当社が別に定める方法によりこれを行うものとします。
  • 2.当社は、前項の届出が当社に到達し、かつ、当社が変更の事実を確認するまでは、変更がないものとして添削サービスの提供及び添削サービス利用契約に関するその他の事務を行います。当社は、このことによってお客さまに生じた損害について、一切の責任を負いません。
第16条(添削サービスの利用に関する規則)
  • 1.当社は、添削サービスの利用に関してお客さまが遵守するべき事項を明らかにするために、本契約約款とは別に予告なく添削サービスの利用に関する規則を定め、又は改定する場合があります。その規則の内容は、当社のウェブサイトへの掲載等、適当な方法でお客さまに告知いたします。
  • 2.第26条(本契約約款の改定)の定めは、前項の規則の制定、改定についても準用されるものとします。
第17条(サービスの廃止)
  • 1.当社は、お客さまに告知した上で、添削サービスの全部又は一部を廃止することがあります。 但し、緊急の場合は、告知しないことがあります。
  • 2.当社は、前項に定めるサービスの廃止によりお客さまに生じた損害について、一切の責任を負いません。
第18条(免責)
  • 1.当社は、以下の各号に掲げる事由及びこれに起因、関連して、お客さま又は第三者に損害が生じた場合において、瑕疵の修補、データ・プログラム及びその他一切の電磁的記録(以下、単に「データ等」という。)の復旧、損害の賠償その他一切の責任を負いません。
    • (1) 添削内容の過誤
    • (2) 固有名詞等の正確性、変換の適切さ等
    • (3) お客さまが当社に提供等したデータ等の滅失、損傷、漏洩
    • (4) 添削サービス及び添削の品質、継続性、適法性、特定の目的への適合性、第三者の権利の非侵害性、売上や販売量等の増減及び添削サービスの一部又は全部を利用し又は利用しないこと等、その他一切の結果
  • 2.当社は、前項各号に掲げる事由によるもののほか、添削サービスに関連してお客さま又は第三者に生じた損害及び添削サービスに関連してお客さま又は第三者に生じた損害について、一切の責任を負いません。
  • 3.前2項の規定は、当社の故意または重過失により生じた損害については適用しないものとします。但し、その場合であっても、当社の負う責任は、お客様または第三者に生じた直接かつ通常の損害の範囲に限るものとします。また、法令等に別段の定めがあるときは、その法令にしたがうものとします。

第4章 料金

第19条(料金の種類)
  • 1.お客さまは、当社が別途定めるところにしたがって、添削サービスの利用料金を当社に支払うものとします。 当社は、添削サービス利用料金が当社に支払われたことを確認した後に、添削サービスを提供するものとします。
  • 2.当社は、既存の特定のサービスプラン又は新たに設ける特定のサービスプランを利用するお客さまについて、前1項に定める料金以外の料金を当社に支払うべき旨を定める場合があります。この場合、お客さまは、前1項に定める料金のほか、本項により当社の定める料金を支払うものとします。
  • 3.添削サービスの利用及びその料金の支払に際して生じる公租公課等については、お客さまがこれを負担するものとします。
  • 4.料金の支払に際して生じるその他の費用については、お客さまがこれを負担するものとします。
第20条(料金)
  • 1.当社は、添削サービス利用料金について、あらかじめその価格を定め、当社のウェブサイトへの掲載、電子メールの送付等、適当な方法でこれをお客さまに告知します。
  • 2.当社は、前項により定めた料金を予告なく変更することがあります。変更された料金は、当社のウェブサイトへの掲載等、当社が適当と認める方法でこれをお客さまに知らせます。
第21条(料金の支払方法)
  • 1.お客さまは、当社に対し、当社指定の銀行口座への振込みにより料金を支払うものとします。
  • 2.当社は、特定のお客さまについて、第1項の支払方法と異なる支払方法を定める場合があります。
  • 3.添削サービス利用規約の解除
第22条(お客さまの行う解約)
  • 1.お客さまは、第8条にしたがった添削データの引渡しを受けるまでの間は、いつでも添削サービス利用契約の解約を行うことができます。
  • 2.前項にしたがって解約する場合には、当社の定める方式にしたがって当社に対して解約の通知を行わなければなりません。当社の定める方式にしたがわない場合には、解約の効果は生じないものとします。
  • 3.お客さまは、本条に定める解約を行った場合であっても、すでに当社に支払った所定の添削サービス利用料金等の返還を受けることはできません。
第23条(当社の行う解除)
  • 1.当社は、お客さまについて次の各号に掲げるいずれかの事由があるときは、直ちに催告等をすることなく、添削サービスの提供を停止し、又は、利用契約の解除を行うことができます。
    • (1) お客さまが、本契約約款で定める義務に違反した場合。
    • (2) お客さまが所定の料金等の支払のために当社に交付した手形、小切手又はその他の有価証券が、不渡りとなった場合。
    • (3) お客さまについて破産手続開始、会社更生手続開始、その他の倒産手続の申立てがあった場合。
    • (4) お客さまが、当社に対し虚偽の事実を申告した場合。
    • (5) 第5条1項各号に該当した場合、又は、その虞があると認められる場合
    • (6) 前各号に定める場合のほか、添削サービスを提供し難い重大な事由が発生した場合又はその虞がある場合。
  • 2.当社は、前項各号に掲げる事由によるもののほか、添削サービスに関連してお客さま又は第三者に生じた損害及び添削サービスに関連してお客さま又は第三者に生じた損害について、一切の責任を負いません。

第6章 紛争の解決等

第24条(準拠法)
添削サービス利用契約の準拠法は、日本国の法令とします。
第25条(裁判管轄)
添削サービス利用契約に関する訴訟については、訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。他の裁判所について生じる法定管轄は、本条における合意をもってこれを排除します。

第7章 本契約約款の改定

第26条(本契約約款の改定)
  • 1.当社は、改定を実施する日を定めて、本契約約款の内容を改定することがあります。改定後の契約約款については、当社のウェブサイトへの掲示その他適当な方法によりお客さまに告知するものとします。
  • 2.添削サービス利用契約の内容は、改定された契約約款の実施の日から、改定された契約約款の内容に従って変更されるものとし、お客さまは改定後の契約約款に拘束されるものとします。
附則
1.本契約約款は、2010年2月4日に作定し、即日実施します。

pagetop

すべての人にインターネット
関連サービス